我々は信じている

クリスチャンの交わりにおいて真の土台となるのは、キリストのアガペの愛だけであると私たちは信じています。
これは、私たちが有するどのような違いも超えて大事なものであり、キリストのアガペの愛なくして、自分をクリスチャンであると呼ぶ権利はありません。神への礼拝は、霊的なものであると
信じています。したがって、礼拝を導くに当たって、聖霊の導きに柔軟になり、それに従っていくと信じています。
神への礼拝は、インスピレーションがあるもの(感応的)であると信じています。ですから、礼拝において、音楽は大きな位置を占めています。
神への礼拝は、知的であるべきだと信じています。したがって、私たちの礼拝は、神のみことばの教えを強調するようになっています。それは、神が、ご自分への礼拝がどのようになされるべきかを教えられるためです。
神への礼拝は、実りあるものでなければならないと信じています。したがって、生活の中で神の愛を求め、それによって、本当に神を礼拝していることの最高の現われとします。
私たちは、歴史的キリスト教の基本的教理をすべて信じています。
旧約・新約聖書による聖書は、霊感を受けた、誤りなき神のみことばであると信じています。
神は永遠に、三つの区別された位格(人格)において存在していることを信じています。三つの位格とは、御父と御子と御霊です。
神は、人格を持ち、あらゆるものを超越し、万物に主権を持つ創造主であると信じています。
イエス・キリストは完全に神であり、完全に人です。処女から生まれ、罪なき人生を送り、十字架上の犠牲の
死によって私たちの罪の贖いを備えられました。死者の中から体をもってよみがえられ、昇天し、御父の右の座に戻り、今でも生きておられ、私たちのために執り成しをしておられます。
私たちは、イエス・キリストが地上に再臨されることを信じています。その再臨は、個人的であり、目で見ることができ、千年期の前であると信じています。
イエスが昇天されてから、エルサレムにいる信者たちに、彼らが全世界への福音宣教命令を果たすことができるようにするため、ご自分の聖霊を注がれました。
この宣教命令は、今日の信者全員に与えられているものです。
すべての人は、生まれながらにして、神から離れ、自分の罪に責任があると信じています。しかし、私たちの主イエス・キリストの恵みによって、すべての人に、救いと贖いと罪の赦しが無代価で与えられていると信じます。
人が罪を悔い改め、イエス・キリストを個人的な救い主また主として受け入れ、この方が救ってくださると信じるなら、その人は、即座に新生し、聖霊の証印を押され、すべての罪が赦され、神の子どもとなり、永遠に主とともに過ごすように定められます。
聖書で言及されている聖霊の賜物があることを信じています。聖書に書かれているガイドラインにしたがって用いるなら、これらの賜物は今日でも有効であると信じます。私たちは信者として、最もすぐれた賜物を求め
なければいけません。キリストのからだ全体の徳が高められるように、愛をもって賜物を用いることを求めます。
どんなにはなばなしい賜物よりも愛がもっと重要であり、愛がなければ、御霊の賜物を用いても価値は全くないと信じています。